HOME > 産後骨盤矯正

産後骨盤矯正

産後のケアは、一生のケアだからこそ、今が大切です

産後骨盤矯正が必要なわけ

出産で開いた骨盤を元に戻すための「産後骨盤矯正」は、お母さんの将来の健康を守るうえで、とても重要な施術です。産後の腰痛、恥骨部の痛み、産後太りや体型の崩れ、産後の尿漏れなどを改善する目的はもちろんのこと、年齢を重ね更年期を迎えたときに、こういった諸症状を引き起こしにくい体を作り、未来の不調を「予防」するためのケアにも取り組んでいきます。

産後のマメ知識

産後の体重と体型

妊娠期間中7kg~10kg増加した体重はあかちゃん・胎盤・用水・臍帯で4~5kgは確実に減りますが、むくみがきつい方は3kg程度しか減らない方もいらっしゃいます。
また、母乳育児・ミルク育児などで体重の減少のスピードも変わります。

体型については、産後骨盤ベルトの適切な使用とヨガ・ピラティスなどの適度な運動を心がけて状態を少しずつ戻していく必要があります。

産後1年以内に体重が戻ったという方は66%体型が戻ったという方は22%という統計が出ています

産後の骨盤 どうして開いたままなの??

妊娠~出産~産後にかけて様々なホルモンの分泌が変化します

エストロゲン・プロゲステロン・リラキシン・オキシトシン・プロラクチンなどのホルモンが色々な役割をはたしていますが、特に『リラキシン』というホルモンが妊娠3ヵ月~産後数日まで分泌されています。リラキシンの作用により骨盤・恥骨結合部を柔軟にして産道を広げ、出産を助けます。
陣痛が始まるとさらに大量のリラキシンが分泌され骨盤まわりのみではなく全身の靭帯結合を弛緩させ赤ちゃんがストレスなく出てこれるようにする作用があります。

産褥期はしっかりとカラダを休めながら、産後3ヵ月程度までは骨盤ベルトなどを使い骨盤を支えてあげましょう

骨盤(腰骨)の下 股関節(大転子)の直上が理想的です
骨盤の上にまくと恥骨が広がる場合があります

産後のこんな症状、出ていませんか??

骨盤が開き・筋肉が減ると、こんな症状が出ます

  • 腰痛
  • 便秘
  • 産後尿漏れ
  • 生理痛
  • 体型の崩れ
  • 不眠
  • イライラ
  • 頭痛
  • めまい

にしぐち整骨院だからできる!産後専門の骨盤矯正

専門の矯正ベッドを使用した本格的かつ安心の施術

矯正専門のベッドを使用して、安全・安心かつ確実に骨盤を矯正します。また、個人的な体のクセも同時に矯正し、1回目の施術からお体の変化を実感いただけます。女性施術スタッフをご希望の方もお気軽にご相談ください。

▲このページのトップへ